注文住宅の予算とローン借入額の決め方

注文住宅の価格は、家の大きさやグレードなどによって変わります。決まった相場というものがわかりにくいため、どのぐらいお金が必要になるのかというのは多くの人の疑問となる部分です。

 

家づくりはこだわろうと思えばどこまでもこだわることができますが、費用もかさむことになります。無理のない範囲で家を建てるためには、最初に予算をはっきりと定め、その範囲内でやりくりしていくことが大切になります。

 

出典:1500万円の家

 

予算の決め方

注文住宅の総予算について、よく言われている目安が「返済期間の収入の25%」というもの。
例えば年収400万円で35年返済の場合、総予算は3500万円。年収700万円で35年返済とすると総予算は6125万円となります。
ただ、こうした計算はあくまでも大雑把な目安でしかありません。ハウスメーカーの価格帯や、住宅イメージを掴む段階ではこの程度の捉え方で問題ありませんが、実際に予算を組む段階ではもう少し詳細に考えていく必要があります。

 

●借り入れと頭金
住宅購入費は、住宅ローン(借金)と頭金(貯金・自己資金)から成り立ちます。
予算について考える際は、このそれぞれについて、どの程度無理なく準備できるのかを検討しなければなりません。

 

住宅ローンの借入額

住宅購入費の大半を占めるのが住宅ローンによる借り入れです。
金利は比較的低いものの、住宅ローンは立派な借金です。金額も大きく、返済期間も長期に渡るため、借りる金額を見誤ると生活やライフプランに悪影響を及ぼすことになります。

 

住宅ローンをいくら借りるのかを考える際は「全体でいくらにするか」ではなく、「月にいくら返すことになるのか」という視点で考えましょう。その方が、より実感を得やすいためです。
例えば月10万円を返済可能額とすると、総返済額は、10万円×12ヶ月×35年の4200万円になります。総返済額には利息も含まれていますから、それを差し引いた約3200万円が借入可能額ということになります。

 

現在支払っている家賃をベースに考えてみるのも良いでしょう。例えば、現在の家賃が8万円だとすると、2600万円が借入額の目安になります。

 

ただ、一つ注意しておいて欲しいのが、持ち家は賃貸とは違い、固定資産税や修繕費用も自分で出さなければならないという点です。
特に気をつけなければならないのが修繕費用です。給湯器やキッチンなどの設備の交換や、外壁や水回りの修繕には数十万円から数百万円ものお金がかかります。こうした家のための出費に備えて、普段から積み立てておくと安心です。
住宅ローン借入額について考える際は、返済額だけでなく、家を建てた後に必要となる家のための出費も合わせて考えておくようにしましょう。

 

●返済期間の決め方
住宅ローンでもう一つ重要なのが、どのくらいの期間をかけて返済するかということです。
期間が長い方が毎月の返済額が少なく、ローンの審査でも有利になりやすいです。ただ一方で、支払う利息が多くなってしまうという問題もあります。

 

また、完済時の年齢も重要なポイントです。収入がない状態でローンの返済を続けるのは難しく、また審査でも不利になります。そのため、定年を迎えるよりも前に完済できるよう期間を設定する必要があります。

 

自己資金(頭金)の金額は?

全額ローンで住宅を購入することも不可能ではありませんが、できる限り頭金を準備するのが望ましいです。
住宅ローンの中には、総費用のうち自己資金が占める割合によって金利が変化するものがあります。当然、自己資金の割合が高い方がお得になります。また、審査を受ける上でも頭金は有利になります。

 

頭金の金額については「総予算の2割〜3割」が適当であるとされています。
総予算が2000万円なら頭金は400万円から600万円、総予算5000万円の場合は1000万円から1500万円が目安になります。

 

しかし、頭金は必ずしも多ければ多いほど良いというものではありません。
確かに借入額が少なければリスクは抑えられますが、そのために貯金の大半を頭金につぎ込んでしまうのはかえって危険です。
貯金をすべて使ってしまっては、病気や怪我など、急にお金が必要になった場面に対応することが難しくなってしまいます。その他にも、車の購入や教育費など、まとまったお金が出ていく場面はたくさんあります。
住宅ローンは他に比べて非常に金利の低い借金です。突然の出費に対してその都度借り入れするよりは、頭金を適度に抑え住宅ローンでカバーした方がリスクの分散に繋がります。
残しておく貯金については、会社勤めの場合は月収の3ヶ月から半年分ほど、個人事業主の場合は1年分の収入が目安になります。

 

注文住宅の予算の考え方

注文住宅の予算については、住宅ローンの借入額と頭金という2つの視点から考えていくことが大切です。
それぞれの視点から導き出された予算を重ね合わせ、無理なく家を建てられる予算を探っていきましょう。

 

もし想定していた予算よりも不足しているようなら、家を買うタイミングを数年遅らせ、頭金を準備する期間を取るのも良いでしょう。急に収入を増やすのは難しく、住宅ローンの借入額を大幅に増やすのは現実的ではありません。しかし貯金については、準備期間を取ることで増やすことができます。

 

増税や子どもの進学など家を買うタイミングで焦っている人もいるかも知れませんが、慌てて家を購入しても良いことはありません。家を購入するということだけでなく、その後の生活も考えた上で、無理のない計画で家づくりに臨みましょう。

住み慣れた地元で、住みたい場所で自由設計のハウスメーカー探し

前置きとして、建坪は35坪、建物価格は2800万、土地価格は1500万円程度です。

 

家を買うきっかけとしましては、家を買うまでは賃貸アパートに住んでいたのですが、契約が2年契約で、2年後に改装工事をするので、2年後に退去するという条件で入居していたので、その契約が満了するタイミングで、フルローンで返済額と同じくらいの賃貸金を払うのであれば、この際、買ってしまおうという話になり、購入に至りました。

 

参考:家を建てる

 

建築依頼はハウスメーカーにしました。理由としては、工務店や設計事務所よりアフターサービスがしっかりしている会社が多いからです。
値段は、想定より500万円程増額してしまいました。ある程度の上振れの許容範囲は持っておく方が良いと思います。

 

私は、このハウスメーカーが良いというこだわりはなかったので、まず、自分の住みたいエリアでをし販売をしているハウスメーカー探しから始まり、どうせなら建売住宅より売り建て住宅で自由設計をしているハウスメーカーの方が後から後悔することが少ないだろうという話になり、自由設計をしているハウスメーカーに絞り、三社見学会に行きました。

 

1社目は住みたいエリアは良かったのですが、土地の値段と建物の標準スペックがあまりにも低かったので、許容できる最低水準にしようとしても多くのオプションの商品を選ばないといけなくなり、大きく予算をオーバーしてしまう形になってしまいました。
2社目は価格帯は許容範囲で、標準スペックも1社目より高めだったのですが、住みたいエリアが完売してしまったとのことで、断念しました。
3社目が最終的に契約したハウスメーカーですが、価格帯は少し高かったのですが、標準スペックが選べる範囲が多く、標準スペックでほぼ満足できる仕様を選ぶことが出来ました。

 

私は、建築士ですので、間取り等はほぼ自分で決めました。ですので、ハウスメーカーの建築士さんとの打ち合わせは、通常2日間かけてするそうですが、半日で終わってしまいました。その分、人件費等で減額してもらえたので、身内等に知識がある人がいればプランニングをお願いすると、時間と金額の削減に繋がると思います。

 

設計してから完工まで約半年かかるのですが、どうしても日にちが経つと、ここはこっちにしとけばよかったかな?等の失敗ヵ所は少なからず出てきます。ですが、それも自由設計の醍醐味としていい思い出と受け取るようにしています。建物も経年劣化はするので、10年後には大小問わずリフォームすると思います。その時に失敗したヵ所は直せばいいと考えています。

 

人生の中で指折りの高額な買い物ですが、月日がたてば、考え方も、流行も、住み方も変わるので、構えすぎることなく、今満足できる家を建てることに重点を置いて進めていけば、満足のいく買い物にすることが出来ると思います。